HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

子どものサッカーが上達する大人の関わり方


「子どもがサッカー習ってるけど、なかなか上手にならない。。」

そう思ってる保護者さんもけっこういるのではないでしょうか。 
一方で
「上手くならなくても子どもが楽しんでやってくれればそれで良いかな」という声も聞きます。

 サッカースクールのコーチという立場から言うと、、、正直
「上手くならなくてもいい」とは1ミリも思えません。

なぜなら
「上手くならないと楽しくなくなるから」

結論から言ってしまいました。

  子どもなら誰でも絶対に全員上手くなるというわけではありません。
もしかしたら、上手になってるんだけど成長スピードがまわりに比べてゆっくりで上達している気がしないだけかもしれません。 

「子どもを一定時間預かって、安全にサッカーをさせて家に帰す。」
ということがサッカースクールの大前提ですが、これにプラスアルファで『成長』がつかないとサッカーのコーチがいる意味はありません。

楽しむことはとても(一番)大事です。 しかし成長過程には楽しくない時間も存在します。(もしかしたらほとんどがそうかもしれません。)
 ただ楽しいというだけで、勝つことや上達することへの喜びを無視すると、それは好きなことが好きじゃなくなることに繋がります。

だからコーチという立場からは、
具体的に練習方法を伝えて「練習してほしい」と言うこともあれば、本人の刺激になることを望んで時には厳しい言葉を言うこともあります。
 上手にならなければやってる意味がない、というわけではないですが
子どもたちが『好きなこと』は成長させてあげたいなと思います。 

では、コーチではなく、という立場から子どもを成長させるにはどうすることがベストなのか。

「サッカーの練習しなさい」と言うのは嫌だから、言わない、本人に任せているという親御さんは結構多いです。

「本人が本当に好きなら自分からやるでしょ。」

それは理想論です。

もちろんそういう子もいなくはないと思いますが。
僕の経験上、なんにも言わなくても自分で自ら練習して勝手に上達していく子って割合的にはめちゃくちゃ低いです。

自分に置き換えてください。
やった方が良いのは分かってるんだけど後回しにしちゃってることとか、一歩踏み出せてない事って大人でも結構ありますよね。

子どもも同じです。練習は楽しいし苦じゃないし、練習が大事なことも十分わかっているでもなんとなくやらない子が大半です。
つまり練習していないことに理由はないのです。

僕の考えですが、親という立場から1番大事なのは
「時間」を作ってあげることだと思います。

時間管理、つまりスケジューリングしてあげることです。

大人に比べて、特に子どもは、時間管理が苦手です。
それはやっぱり人生経験が大人より短くて、時間の概念を大人より意識していないからだと思います。

だから練習の為の時間を作ることだけ、大人がアシストしてあげましょう。

時間を作って、ボールを持って公園に行けばOKです。もし付き添えなければ単独でも行かせればOKです。

 「1時間公園で遊ぶ」というふうに時間を決めてあげてそのうち10分でもサッカーの練習をしていれば
何もしていないより10分多く練習していることになります。 

そうやって時間を管理してあげることが、「子どもが上達する」という観点からは一番大事かなと思います。
時間を作ってあげて、環境を整えてあげれば、子どもが成長することは、自分自身(大人)が成長するよりよっぽどイージーです!

子どもの習い事


今の子どもたちが習い事としているものはどんなものが多いのか。
複数サイトを調べた結果なので、「これが絶対!」というわけではありません。ご了承下さい。

まず1位は[水泳]
これ関してはどのサイトも共通していたので絶対ですかね。。。(笑)
体力アップに加えて、喘息持ちのお子さんがやったりしますよね。

そして、2位の[学習塾]
もちろん、高学年になるほど通っている子が多い傾向にありますが、公文なども含めると2~3年生くらいから大半の子が通っている印象です。
そして、保護者の立場からしてもまわりが通っているから自分の子どもが通っていないと不安にもなるみたいですね。。

昔(親世代の30年位前)と今を比べると、
増加傾向にあるのが、
英語(英会話)、スポーツ関係の習い事、PC関係(通信教育)などですね。
英語は30年以上前から習い事として地位を確立していますが、小学校の授業時間も増えたり、いまだに緩やかに増加しているようです。

スポーツ関係は、TVゲーム等の発展により子どもたちが外で遊ぶ時間が30年前より大幅に減ってしまっていることはデータで明らかになっていますが、体を動かすことを「習い事」という枠として時間を確保している傾向にあるようですね。

PC(通信)関係の習い事が増えているのは、言うまでもないですね。
プログラミング教室等に通う子供は毎年すごい増えていて、これから数年もさらに増えていくでしょう。

逆に減少傾向にあるのが、習字やそろばんでPC・スマホ・インターネットの普及により活字を使う機会の減少や計算機・電卓が内蔵されていることが大きな要因だと考えられます。


スポーツ関係の習い事に限れば、
(競技別に分けたので運動教室などは省いています)
昔も今も水泳は不動の1位です。
ここ数年で伸びているのは、ダンス、リトミックあたりでしょうか。
サッカーの方が野球より人気なのは、競技別の人気ということもあるのかもしれませんが、
フットサルコートの普及によりサッカーの方が野球よりできる場所が増えた。ということも要因かもしれません。
サッカー・野球・空手などは圧倒的に男子の比率が高く、
ダンスは女子の比率が高い習い事です。
水泳・バスケ・テニスなどは男女比もほぼ均等と言えます。


ここからは個人的な感想ですが、
昔に比べて習い事をしている子が多く、それも習い事が週1・2というより週3~5という子ども達も非常に多いです。
僕が今まで見てきた子ども達も
(月)~(金)まで全部習い事。土日は少年団。なんて子めちゃくちゃ多いんです!
子どもから「やりたい!」という場合、親がやらせたい場合、様々あると思いますが、個人的には、
子どもたちには「何もない日」といのは非常に大事だと思います。
その時間に友だちと遊んだり、ダラダラしたり、やりたいことやったり。。。

大人でも、だらだらスマホ見る日、SNS見てたらサイト飛びまくってたりyoutubeにどんどんオススメ出て来たりエンドレスで見てたり。
そんな日があるから頑張る日もあるんですよ。
子どももそうでなきゃ。
子どもの中にも「習い事全部大好き!やめたくない!」という子もたくさんいます。
好きでやっている時間でもリラックスしている時間ではないので。

そういう時は保護者が自制してあげる事も時には必要だと思います!

褒められて伸びる子は本番に弱い


少し極端なタイトルをつけましたが、
「褒めて伸ばす」を勘違いして、間違った使い方をしている大人が多いので(自分も含めて)、戒めの意味も込めてつけました。

子どもや、それ以外の場面でも人を育てる上で、褒める事って実はとても簡単な作業ですよね。
褒めれば大抵の相手は良い気分になるし、それなりに良い関係が築けると思います。
注意したり説明したり実践する方がよっぽどエネルギーが要ります。

僕もコーチという立場で保護者の方から真顔で言われることがあります。
「うちの子、褒められて伸びます」
いやいや、褒められて嫌な気分になる人はあまりいないですよ。(笑)

いわゆる「褒められて伸びるタイプの子」とそうでない子の差は、褒められることに対する興味の差です。
正確には、「褒められることにしか興味がない子」です。
要するに本質的な良い悪いの理解ではなく、褒められたから良い、褒められなかったら良くない、という判断で動いています。

そういった子は良し悪しの判断材料が、「褒められた」かどうかなので、
失敗をしない方を選択をすることが多く、チャレンジする回数も少ないです。
常に失敗しない安全な選択をしてきた結果、
少しの失敗でも落ち込んでしまう子ができてしまったり、いざという本番に弱い子が多いです。
褒められること自体にあまり興味のない子は、自分の判断基準を持ち失敗を恐れずチャレンジする傾向が強いです。

褒めること自体は当然悪い事ではないですが、使い方を間違えたり乱用してしまうと危険だということです。
僕自身も子どもたちを褒めているときに、なんでもかんでも褒めてないかな、ラクしてないかな、というのは自問自答するようにしています。

自分が相手(子どもや後輩など)と良い関係を築く為の逃げ道ではなく、
良いことは良い、悪いことは悪い、とぶれない基準を持った上で褒めることが重要だと思います。

子ども達が、「どうしたら褒められるか」を考えるのではなく、
「どうしたら結果に繋げられるか」を自分で考えることが重要です。

大事なことは褒めることより信じることです。

と、言っても、
自分自身も「この子褒めたことしかないなー」「悪いところが一個も見つからないなー」なんて子も結構いますが。。(笑)
女の子に多いですかね。。。(笑)

友人知人、仲間など、相手を育てようという意思がない場面では、それはただの「感想」なのでどんどんポジティブな言葉を出して良いと思います!
「素晴らしい」「ナイス」「良いね~」
自分の心から出る感想は遠慮することはなくどんどん出していったらと思います!

なぜ足が速い子はモテるのか?


小学校の頃って足が速い男子はモテますよね。いわずもがな。

足が速いこと以外にも
イケメンだったり、
おもしろい子だったり、
勉強ができる子だったり、
おしゃれだったり、
いろんなパターンはあると思うんですけど、そうは言っても、
「小学生は足速いとモテる」
は絶対的価値観で間違いないですよね。

なぜ足速い子がモテるか考えたことありますか?

あくまで個人的な見解ですが、、、
足が速い子自身が、意識的か無自覚か別として「足が速いことは良いことだ、人より優れている」というのが根本にあります。
そして、足が速いことは小学生万人共通の価値だとも認識しています。
つまり自分が優れている部分をアピールしなくてもみんな自分の価値を認めてくれているという思いがあります。
だから周りが自分を認めてくれているという自信があり、周りにも優しくできるのだと思います。

自信のない子は自分が優れている部分を一生懸命アピールしたり知らせようとします。
それ自体は悪いことではないと思いますが、話を大げさにしてしまったりその延長線上にウソをついてしまうこともよくあることです。
足が速い子は自己承認欲求が満たされている為それもする必要がありません。
足が速い子でも性格悪かったり意地悪だったりすることも当然あるとは思うんですけど(笑)

「足が速いからモテる」のではなく
「足が速いことがきっかけで自信を持っていて人にも優しくできる」ということだと思います。
当然モテますね。

子どもの頃は色々なスポーツや遊びを経験して楽しんでもらえれば良いなと思います。
しかし、自分は指導者という立場で、自分が見ている子たちを成長させなきゃ意味がないとも思っています。
楽しくやれればそれでいいじゃん。という考えがもちろんOKだとは思いますが。

好きなスポーツを通じて子どもたちが、
「自分は周りよりうまい」「俺はがんばった」となにかしらの自信を持てるようになるには、
自分で実感できるくらいの成長と一定の結果も必要だと思います。

成長や成果に繋げることで本人の自信となり、アイデンティティの要素となるのであれば、絶対に成長させてあげたいなと指導者としては思います!

そして教え子はできればみんなモテてほしいですね!!

試合に出られないチームなんておやめなさい。


「試合に出られないならやめちゃいな」
もし小学生の子どもがチームで補欠で、試合にも出してもらえない状況であればそのチームはやめてしまった方が良いかもしれません。

先日、こんな話を耳にしました。
「うちの子が全然試合に出してもらえないんです。そんな重要な試合でもない状況でも。

チームが勝利を目指す上で、実力差があり試合に出られるメンバーが限らでれるのは当然のことです。
それが中高生以上、または大人であればしょうがないと受け入れることかもしれません。

しかし、小学生のうちは試合に出ることはとても大事です。
試合で学べるもの、試合でしか経験できないことは多くあります。
補欠でも試合に出るチャンスを与えてもらうべきです。

負けたら終わりのトーナメント戦やその一点で次のステージへ勝ち上れるかどうかが決まる試合で、
1点でも多くの得点で1点でも少ない失点で勝利を目指すことは監督やコーチ、指導者の責務です。
でも小学生のうちの試合はそのような状況じゃない試合ってめちゃくちゃたくさんあるんです。
そのような状況でも勝利だけに固執し試合に出るメンバーを固定して
補欠メンバーが試合に出られないことは指導者の怠慢か実力不足です。
小学生のサッカープレーヤーひとりひとりを育てることも勝利を目指すことと同じく責務なのです。

そんな指導者のチームはさっさとやめた方が良いでしょう。
大人が就職先・転職先を探す時に何千何万という企業が日本にはあるように、それと同じくらい日本には無数のサッカーチームがあります。
そこからまた選べば良いだけです。

高校野球(甲子園)を野球人生のひとつのゴールに定めている子どもはたくさんいると思います。
しかし、小学生サッカーを、サッカー人生の終着点に決めている子どもを見たことはあるでしょうか。。

小学生のうちのサッカーは通過点でしかありません。集大成ではありません。
現状が「補欠」という立ち位置の小学生でも、今後大きく成長したり大化けする可能性は無限にあります。
試合に出られないということは、その可能性を指導者である大人が奪っているということです。

事実として、日本サッカー協会は小学生全員が出場機会を得られる状況で試合形式を組むことを推奨しています
小学生サッカーが8人制だったり、あるいは低学年で5人制サッカーだったりするのも多くの子どもたちが出場機会や試合に関わる機会が得られるようにすることが狙いです。
それ以外にも前半・後半というくくりだけでなく全員が出られるようにするセット数を組んで試合をするなどの創意工夫が小学生サッカーの指導者には求められています。

同じ指導者の立場として、「接戦」「負けたら終わり」「得失点差で争っている」そんな状況であれば出場できない子が出てしまうことも理解できますが、そうではなく、どんな試合でも出られない状況なのであれば小学生のうちはさっさとチームを変えることをおススメします!

試合に出られていない子を持つ保護者さん、子どもの為に是非ご検討ください。

量より質より『継続』


子どもたちが、一番手っ取り早く成長する方法は、言うまでもなく練習をすることです。

その練習をするうえで何が1番大事かというと、
「毎日続けられるか」
という点だと考えています。

を気にするより継続できるかです。
子どもが自然とお箸を使えるようになるのも1日3回お箸を使うことを毎日続けているからでしょう。

「土日は朝から夕方までずっとボール蹴ってたよ!」
「今日の練習はめちゃくちゃがんばった。集中してできた」
よいうことより
「毎日10分の自主練を1日も欠かさずやった」
という方が重要だと僕は思います。

時間の長さや量に関わらず「1日も欠かさず」というところが大事なポイントです。
毎日続けることができるメニューを考えることも大事です。
無理なく、ムダなく、ムラなく継続しましょう。


少し前の話ですが、今年の夏休み、スクールに通う子どもたちと7日間の「毎日朝練」という企画を行いました。
毎朝8時~9時の1時間、自由参加で小学2年生以上を対象に行いました。

その朝練を1日も休まず皆勤した子が3人いました。

もちろん、毎日朝練に来たから超えらいとはいうことはありません。

夏休みだから家族と過ごしたり、外出したり、普段できないやりたいことをしたりすることの方が重要だと思います。
ただ、その3人の子は1日も休まず朝練に来たこということは事実で、そして確実に成長しました。
3人はいずれも小学校低学年で一つの継続を最後までコンプリート出来たことはとてもすごいことだと思います。
もちろん本人たちの自信にもなるでしょう。

継続というのは、本当に難しいです。
「毎日腕立てしよう」
「ダイエットの為に食事を制限しよう」
「新しい勉強を始めよう」
といってもほとんどの大人が毎日は続けられていないと思います。
「今日くらいはいいか」の連続だと思います。
それでも、親は子どもに「勉強しなさい」「練習しなさい」と言ってしまいます。
継続の大変さは大人の方が理解しているはずです。

まずは継続できるために親御さんが協力できることは、
子どもが好きなことを毎日継続できる範囲でメニューを組んであげましょう。
そして毎日継続できる環境を整えてあげましょう。

大変だと続かないので
・好きなことを
・無理なく
・ムダなく
・ムラなく
をポイントに!

傾聴力と主張力


現在、Jリーグのチェアマンをされている村井さんが、10年以上にわたり世界で活躍を続けているサッカー選手について、その人たちの共通点はなんだろうとを調べてみたことがあるそうです。

その共通点を探った結果、

圧倒的なテクニック、
人並外れたフィジカル、
常に平常心を保てるメンタリティーの持ち主
など、
サッカーに必要なスキルとして真っ先に想像がつくものではなかったそうです。

活躍を続けている選手たちはみな共通して
「傾聴力」が高い
という結果が出ました。

傾聴力。つまり話を聞く(聴く)力です。

僕が見ている子どもたちも成長のスピードが速い子たちは共通して、
しっかり話を聞いていて説明や指示に対しての理解が早いです。

すごい眼差しで話を聞いている子もいれば、
全然聞いてないようで意外と聞いてる子もたまにいます。(笑)

そして、聞いて、理解して、自分の考えを伝える「主張力」が優れている子はさらに成長スピードが速いです。

傾聴力と主張力。
つまりコミュニケーション能力です。

サッカー(フットサル)は足でボールを扱うスポーツで、ミスすることが当たり前のスポーツとも言われています。
また個人競技ではないので、自分だけが上手くいっても仲間と上手くいかなければ結果はついてこない場合が多いです。
長くサッカーを続けている選手であれば監督とソリが合わなかったりに思うように使ってもらえなかったりする経験もあると思います。
そんなうまくいかない状況を、考えて、人に聞きながら、自分の考えも主張できるコミュニケーション能力で何度もリカバリーしてきた選手が長く活躍を続けているという事でしょう。

コミュニケーション能力は、当然、サッカー以外の社会においても役立ち、多くの場面で自分を助ける武器となります。

好きなスポーツを通じてコミュニケーション能力を上げて、子どもたちがどの世界に進んでも成長や活躍ができることにつながると良いですね!

指導<環境



良い指導者のもとでサッカーを教わりたい。
親であれば誰もが思う事でしょう。
では、その良い指導者とはなんでしょう。

教え方が分かりやすい人でしょうか。
すごくサッカーフットサルが上手な人でしょうか。
経歴やライセンスがあるでしょうか。
それとも子どものヤル気を出させてくれる人でしょうか。

良い指導者と言っても色々な考え方があると思いますが、
僕自身がいつも考えることは、良い指導者とは「その子にとってより良い環境を作れる人」だと思います。
子供の成長は環境によって大きく左右されます。

どんな指導者に出会うかよりどんな環境に身を置くかの方が大事です。

環境、それは周りのすべてのことです。
育った場所や家庭環境、家族構成、通っていいる学校やクラス、よく遊ぶ友達、所属しているクラブチーム、その他の習い事、そして出会う指導者、など。
つまり指導なんて環境の一部にすぎません

実績のある指導者のもと行けば良い選手になる、良い選手に教われば上手くなるなんてことはありません。
でも、親や指導者が環境を作ることはできます。

子どもの習っているスポーツを未経験のお父さんが一番の指導者になったり、ちゃんと習ってないのに仲の良い友だちとたくさん公園でサッカーしてたら上手になったり、指導者は置き物的な感じだったけど良きライバルがいて良い刺激になった、なんていうのも
良い環境を作れているということだと思います。

ちなみに僕が意識していることは「環境+刺激」です。
いつも同じクラスでやっている子に違うクラスを体験させたり、別のスクールでのワンデイレッスンをおススメしたり、プロの選手に来てもらって本物の技術を見てもらうことにはそういった意味があります。

子どもの成長には指導より環境です!!

5/20日本小児科学会発表 小児の新型コロナウィルスに関する医学的知見



5月20日に日本小児科学会による
「小児の新型コロナウィルス感染症に関する医学的知見の現状」
が発表されました。
下記リンク↓↓
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20200520corona_igakutekikenchi.pdf

新型コロナウィルスに関して少しずつ証拠や科学的根拠、エビデンスと言われるものが増えてきました。
その中で、

●小児COVID-19症例は無症状〜軽症が多く、死亡例は少ない

●学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しい

●教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしている

●COVID-19が直接もたらす影響よりもCOVID-19関連健康被害の方が遥かに大きくなることが予想される


と言っています。

コロナによる健康被害より、それに伴った外出自粛やこみゅけーしょんの影響による栄養・健康面での不安の方が遥かに大きい
ということですね。

このブログでも以前から、子どもの健康についてこの期間に運動や生活リズムの習慣を崩さないように訴えておりましたが、
サッカーのコーチが言うのと専門のお医者さんが言うのとでは影響力も説得力もちがいます。(笑)

是非、保護者の皆さんには改めてご検討いただきたいと思います!

6歳~8歳 重要なのは「技術」の習得より『動作』の習得


運動能力に関わる神経系統は生まれてから5歳頃までに80%まで成長し、12歳までにほぼ100%に達します。
神経が発達し、100%に達するまでの4~12歳までの間に神経経路へ刺激を与え、色々な運動をさせることは運動能力の向上に大きく役立ちます。
運動の発達時期として一般的に、
3歳~8歳ごろをプレゴールデンエイジ
9歳~12歳ごろをゴールデンエイジ
13歳~15歳ごろをポストゴールデンエイジ

と言います。

9歳~12歳のゴールデンエイジとは
その名の通り子どもの運動能力、身体能力が著しく発達する時期のことです。
一度見たものをすぐに実行できたり技術の習得も含めてなにかを習得するのに大きな成長が期待できます。

その前段階の
6歳~8歳のプレゴールデンエイジ
まだ運動能力が低く、逆に言えば伸びしろがたっぷりある年齢です。
この時期にさまざまな遊びやスポーツを体験させることが重要と言えることでしょう。

<まとめ>
大事なことは、、、
6歳~8歳のプレゴールデンエイジの時期に
特定のスポーツに特化してその技術の習得に時間をかけることよりも様々な運動をして動きの習得に時間をかけることが重要です。

技術<動き
に時間をかけましょう。






<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ

無料体験申込み