HOME > スタッフ紹介 > 代表 板垣 敬大

スタッフ紹介

代表 板垣 敬大

代表 板垣 敬大

1984年生東京都北区出身
芝浦工業大学高校卒
青山学院大学卒


2008-2011
英辰工業株式会社

2011-2014
キリンビールマーケティング株式会社

2014-現在
飲食店で働きながら、調理師免許を取得。
準備期間を経て2017年3月に株式会社アニマルバルを設立。
同時にアニマルバルサッカースクールを始める。


お子様向けサッカースクールへの想い

サッカー・フットサルが熱い街府中の子どもたちに
サッカー・フットサルの"楽しさ"を伝えたい

サッカー歴は高校時代に2年間やっただけだった為、
自分には才能は無いのではないか...と思っていましたが、
「いつかはサッカーの指導者をやりたい」という
漠然とした夢がありました。
タイミングと縁がありこういう形で
実現できたことをうれしく思います。

今住んでいる府中という場所に愛着を持ち、
サッカー・フットサル熱がとても熱い町、府中の子供たちに
サッカーフットサルの楽しさを伝えられたらな
という思いで「アニマルバルサッカースクール」を始めました。

自分も現在こうして30歳を過ぎた今でも
楽しくフットサルができていて、またサッカー・フットサルは
個人の上手い下手関係なく、自分の長所が見つかれば
チームに貢献できるスポーツだと私は考えているので、
どんな子でも好きになれば楽しめるスポーツだと思っています。


コーチという存在

子どもたちの成長のタイミングを見逃さない

子どもたちの才能の芽が開くタイミング、
何かに気づくタイミング、
上手になるタイミング、
それは遅かれ早かれ
どんな子供でも必ずあると考えています。

こういったタイミングは子供たち本人次第ですが、
絶対にその芽をつぶさないように
私たちコーチは、子どもを否定しないこと、
サッカー・フットサルを嫌いにさせないことは意識しています。

また、挨拶・礼儀にも重きを置いていますが、
自分も現在スクールに通っている子供たちと
同世代の子を持つ親として思うことがあります。

「指導されること・注意されること」は
自分の親からだけでなく、他の大人から受けることが子供の
「社会性」を身に着けるうえで重要だと考えています。

優しいだけではなく、一人一人に愛情愛着を持って
「ダメなことはダメ」ときちんと伝える事も意識しています。


料金案内練習場所保護者の声

このページのトップへ

無料体験申込み